口周りの黒ずみ@おススメ美白化粧品best3

MENU

口周りの黒ずみを解消するにはどうすればいいの?

口の周りは体調の変化が肌の表れやすく、とにかく肌トラブルが起きやすい場所。特にシミや色素沈着、くすみなど黒ずみができやすい場所でもありますよね。毛穴の汚れのよるものを除けばこの黒ずみの原因はメラニンの過剰生成によるものです。メラニンは肌トラブルからお肌を守るため肌の奥で生成されます。紫外線を受けた肌が肌トラブルからお肌を守るためメラニンを生成し日焼けするのと原理は同じ。

 

通常このメラニンは肌が正常な状態だとターンオーバーといって肌が生まれ変わるのと同時に対外に排出されるものですが、肌トラブルが起きている口の周りはターンオーバーがうまくできない状態で、メラニンが対外に排出されずそのまま沈着してしまい黒ずみになってしまうのです。

 

 

この口の周りの黒ずみを改善するためには

 

肌の乾燥を避け保湿をしっかりする
肌トラブルは乾燥が原因のことがほとんどです。乾燥がひどく、お肌が正常な状態でないと美白ケアなどで黒ずみの対策をしてもすぐに黒ずみが出てしまいます。保湿をきちんと行ってお肌を正常な状態にすることが大切です。

 

今ある黒ずみを美白ケアで治すこと
今できてしまった黒ずみは美白ケアをしてキレイなお肌にまずはしてあげることが大切です。

 

2つを同時に行ってあげる(保湿ケアと美白ケア)ことで口の周りの黒ずみは改善しますし、逆にこの2つを同時に行わないと黒ずみはひどくなってしまいます。

 

口周りの黒ずみを治すおススメ美白ケアbest3

気になる黒ずみを治すためのおススメ美白ケアを厳選して紹介します。
今回紹介する美白ケアは保湿と美白を同時にできて美白効果の高い美白化粧品をお求めやすいトライアルセットで紹介しています。

 

 

アンプルール

肌トラブルがあまりなく、とにかく黒ずみを早くキレイにしたい人向き。

 

美白効果の高いハイドロキノンが高濃度で配合の美白ケア化粧品がアンプルール。美白効果のもっとも高いと言われている成分「ハイドロキノン」ですが肌への刺激や成分の安定性に欠けるためお肌への刺激が少なく安定性を保った状態に改良された成分が「新安定型ハイドロキノン」。この「新安定型ハイドロキノン」を世界で初めて化粧品に配合されたのがアンプルールの美白ケア。
美白重視の方にはおススメの美白化粧品です。

 

 

 

 

 

 

 

ディセンシア サエル

口の周りが荒れやすい、敏感肌なので肌にやさしいものを使いたい人向き。

 

口の周りの黒ずみは気になるけど、美白化粧品は刺激が強そうで心配・・・という方におススメなのがディセンシアサエル。ポーラとオルビスが共同で開発した敏感肌専門化粧品ブランドがディセンシアのシリーズ。そのディセンシアの美白化粧品のラインがサエル。敏感肌の場合、美白化粧品を使ってもその美白化粧品の刺激を受けて肌が炎症を起こしメラニンが発生してしまうため美白化粧品が効きにくかった特徴がありました。そこでサエルはまずは肌のバリア機能を強化し美白が効きやすい肌づくりをし、それから美白ケアをする化粧品を開発。
敏感肌の人や口の周りが肌荒れしやすい方におススメの美白化粧品です。

 

 

 

 

 

 

 

アスタリフト ホワイト

 

口の周りの乾燥が気になる人向き。

 

TVのCMでもおなじみのアスタリフト。そのなかの美白シリーズがアスタリフトホワイトです。口の周りは乾燥しやすい場所ですよね。乾燥は黒ずみとあまり関係はなさそうですけど、乾燥はお肌トラブルの元になるもの。乾燥するとお肌のターンオーバーが正常に行われなくなり黒ずみの原因であるメラニンが沈着してしまう原因になってしまいます。アスタリフトのは美白成分をナノ化してお肌の奥のメラニンに届けることに着目した美白ケア。
肌の奥からうるおいと美白を同時にかなえたい方のおススメの美白化粧品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

口周り黒ずみは美白化粧品でキレイにしましょう

口の周りの黒ずみ、色素沈着やシミ、くすみ、肝斑など口の周りはとにかく黒ずみが起こりやすい場所ですよね。黒ずみが起きている人に共通しているのが乾燥や肌荒れ、紫外線を多く浴びてしまったなど口の周りの肌トラブルを同時に抱えているということ。口の周りは肌トラブルを抱えてしまうことで黒ずみの原因であるメラニンを対外に排出できず沈着してしまうことで黒ずみが発生してしまいます。ですから美白ケアといっても肌トラブルを抑えながら美白ケアを同時にしないと黒ずみはいつまでたっても治ることはありません。当サイトでは美白ケアは肌トラブルと美白ケアを同時に行える化粧品を紹介しています。口の周りの黒ずみが気になる方は参考にしてくださいね。

リンク